生理前の肌荒れを改善できた方法

私は毎月生理前になると肌荒れを起こしてしまいます。痒みやニキビ、そして肌のカサつきがひどく、毎月生理前になるととても憂鬱な気分になってしまいます。そんな生理前の肌荒れを改善するべく、現在生活改善とスキンケアに力を入れています。

 

生理前のニキビは、ホルモンバランスの乱れが原因のことが多いとのことなので、ホルモンバランスを整える効果のある大豆製品などの食品を多く摂取しています。納豆や豆腐、豆乳など、ホルモンバランスにいい食品は身近にたくさんあるので、無理なく食事に取り入れることができています。食事を改善するようになってからはお通じも良くなり、便秘による肌荒れも予防することができるようになりました。

 

大豆製品を中心に、バランスの取れた食事を摂るよう頑張っていますが、どうしてもきちんと食事を摂れないときは、サプリメントを飲んで栄養を補うようにしています。また、質のいい睡眠を摂ること、ストレスを溜めないような生活を送ることなど、生活全般の改善をできるよう心がけています。スキンケアは保湿を重視した基礎化粧品を使うことで、カサつきもあまり気にならなくなってきました。

 

これらの方法を続けてみたところ、以前よりも肌荒れを起こすことが少なくなり、生理前でもいつもどおりの綺麗な肌をキープすることができるようになりました。肌荒れのない強い肌作りをするためには、長期的な地道なケアが必要不可欠ですから、これからも気を抜くことなく規則正しい生活や食生活、スキンケアを行っていきたいですね。

 

肌荒れの悩みについて

最近になって私は肌荒れが起きるようになりました。特に私が悩んでいるのが目元の肌荒れです。以前は肌荒れなんて起きた事がなかったので本当にびっくりしました。最初に異変に気づいたには去年の夏あたりだったのですが、急にその時は私自身には特に体に異変がなかったので、気にしていなかったのですが急に家族から目元にクマができていると言われたのが始まりでした。

 

それでも、当初は多少目元にクマできている程度だという認識だったので放置していました。ですが、それもしばらくすると段々と悪化して目元だけでなく目の下の肌に徐々に肌荒れが広がっていきました。それを見た家族がもうそんな酷い状態になっているのだから早く病院に行って診てもらった方が良いと言ってきたのですが、それでも私は特に支障がないと思ってそれでも放置していました。

 

ですが、ある日からその肌荒れがさらに悪化して乾燥ジワができてしまい、さらにその乾燥のせいで酷い痒みが起きるようになりました。それで肌を引っ掻いてしまい、さらに肌荒れが悪化していていき、さすがにこれはもう病院に行くべきだと思い私もようやく病院に行きました。すると、医者からすぐに痒みを止める塗り薬と抗アレルギー薬を処方されました。

 

そして、それらの薬を使うようになってようやく肌の痒みが無くなり痒みで肌を掻く事もなくなりました。ただ、相変わらず目元付近の肌荒れの状態が完治しておらず、未だに目元のシワに悩んでいます。
洗顔料のおすすめランキング