日常のケアで肌のくすみを改善しましょう

鏡を見て自分の肌がくすんでいると感じたことはありませんか。くすみがない肌というのはしっとり潤いと透明感があるバラ色の肌を言います。くすみの原因をしりきっちり対策をとってくすみのない肌を手に入れましょう。

 

まず肌がくすむ原因としては、ターンオーバーの乱れです。ターンオーバーが乱れる原因は加齢や紫外線や乾燥などで角質自体が分厚くなってしまったり血行不良のためです。肌のくすみを改善するためには角質のお手入れが有効です。

 

ピーリングなどで古い角質を除去しターンオーバーを促すことが大切です。ただ頻繁にやりすぎるのは逆効果になりますので、角質のお手入れは週1回〜2回にとどめましょう。そしてピーリングで不要な角質を除去したあとは十分な保湿を行いましょう。また血行不良を解消するために適度な運動や半身浴、リンパマッサージなどが有効です。

 

そして日頃の生活習慣でくすみにくい肌を作ることも重要です。食生活はサプリメントなどを利用しながらビタミンCの摂取を意識しましょう。また喫煙は血行を悪くさせる原因となるので健康のためにもやめましょう。

 

そして肌のターンオーバーはゴールデンタイムに行われるので夜10時から2時まで眠れるように意識することも重要です。このように規則正しい生活と適度な運動、しっかりとした保湿、角質ケアを行うことで赤ちゃんのような透明感のある肌へと生まれ変わることは可能です。くすみ肌は仕方がないと諦めないでできることから始めてみましょう。

保湿と角質ケアで肌のくすみを一掃

ニキビやシミなどの肌トラブルは、気がつきやすいものですが、肌のくすみとなると毎日鏡を見ていてもなかなか気がつきにくいものです。もし、さいきん何だか疲れて見える、紫外線に当たった分けでもないのに肌色が暗くなった気がする、そんなん時は肌がくすんできたのかもしれません。

 

肌のくすみは、他の肌トラブルと違ってないがしろにされがちですが、実はくすみは顔の印象を大きく変える重要なポイントなのです。肌のくすみがあるかないかで、印象年齢さえも変化します。ですから、何だか最近いつもと違うと感じたら出来るだけ早くくすみ対策をするべきなんです。

 

肌のくすみへの対策として、多くの人がくすみイコール肌色が暗くなる事から、美白化粧品を使用したお手入れをし始めます。しかし、くすみは紫外線によるメラニン増加が原因ではありませんから、美白化粧品を使用しても正しいケアは行えません。

 

くすみ対策として効果的なのは、意外かもしれませんが保湿ケアなのです。肌が潤い不足で乾燥すると角質層が厚くなっていき、肌の透明感がなくなってしまいます。これが、くすみが目立つようになる原因です。

 

ですから、肌のくすみ一掃するためには保湿成分がたっぷりと配合された化粧品で角質層まで充分に保湿をする事、そして厚くなった角質のケアとして肌に優しいピーリング化粧品をスペシャルケアとして定期的にお手入れに組み込んでいくと良いでしょう。

 

充分な保湿と適切な角質ケアのダブル効果でくすみのないイキイキとした透明感に溢れる肌を維持する事が出来るのです。
洗顔料のおすすめランキング